mailwrap

使い方

Mailwrapとは

MailwrapはあるサイトのURLの開封通知を1度だけメールで受け取るためのURLを自動で作成するWebサービスです。SNSやメールであるサイトのURLを相手に伝える時に貼り付けたURLが本当に見られているのか気になることがあると思います。そんな時にMailwrapで作成したURLを使うことで、開封通知をメールで受取ことができるので、忘れることはありません。また、開封数を閲覧できる機能もついていますので、何件そのURLが開封されかも簡単に分かるようになっています。開封数を分析するツールとしても役にたつと思います。また、スマートフォン用にサイトを作成していますので、スマホからでも簡単にURLを作成することができます。

MailwrapでURLを作成しましょう

MailwrapでURLを作成するのは簡単!URLと通知先のメールアドレスを入れて、「送信」ボタンを押すだけです。アカウント登録は不要でできます。また、同一のメールアドレスで同一のURLを何回作成しても同じURLが作成されます。(例:mailwrap@elegants.bizでhttp://www.elegants.bizのURLを作成した場合にhttp://mailwrap/J45P2が作成されたとします、再度mailwrap@elegants.bizでhttp://www.elegants.bizのURLを作成した場合のURLは同じhttp://mailwrap/J45P2が作成されます。)同一のURLで開封通知を1度だけ再度受け取りたい場合はURLを再度作成して下さい。URLは同一のものが作成されますが、開封通知機能はリセットされます。

Mailwrapで作成したURLを共有しましょう

この画像の表示になったら「クリップボードへコピー」ボタンを押してください。作成されたURLがコピーされます。あとはメールや Twitter、Facebook といったところに張り付けて皆と共有しましょう。あとクリップボードボタンの下に各ソーシャルボタンへのボタンが設置されています。このアイコンをクリックすることですぐに作成したURLをSNS(Twitter、Facebook、Google+、はてなブックマーク)に共有することができます。また、この中にMailwrapのアイコンがありますが、これをクリックするとメールソフトが立ち上がり、作成したURLが張りつられた状態でメールを作成することができます。QRコードアイコンはクリックすると作成したURLのQRコードがダウンロードされます。そのQRコードをチラシやDM等に貼り付けることで間接的にチラシの閲覧数を計測することもできるようになります。

Mailwrapで開封通知を受け取り、開封数を確認しましょう

Mailwrapは一回でも作成されたURLにアクセスするとメールで開封されましたメールが送られるようになっています。その中に開封数を知るためのURLも一緒に記載されています。

そのURLをクリックすると現在開封されている総数が表示されます。また、日々の開封数がグラフで見えるようになっています。

また、開封者の詳細も閲覧可能になりました。開封者のホスト名、開封日時、参照元、ブラウザを一覧で確認できます。先方のブラウザを判別できるのが一番のメリットかもしれません。

最後に

なるべく簡素な仕上げとするため、これ以上の改良は極力やらないよう心がけようと思います。機能が追加されると便利になると思いがちですが、見る項目、入力する項目が増え本当に見たい情報が埋もれてしまうと私は考えているからです。すべてのWebクリエイターへ、そして一般の方々へMailwrapを使って頂けるよう願っています。